おがちぃ散歩

伏見名水スタンプラリーと伏見七名水 11.04.02

地下水の流動方向 縮小
伏見の地下水の流動方向/ 月桂冠大倉記念館の展示資料を元に作成

京都・伏見は「伏水」とも書かれたほど良質の地下水に恵まれています。
それは伏見が京都盆地の南に、また桃山丘陵の西に位置している為、
地形条件により京都の山々に降り注いだ雨水が
地下を通って集まりやすいからだと言われています。
そのため、街の多くの場所で湧き水が涌出しています。

酒蔵
11.11.06 撮影

112.jpg
08.12.26 撮影

そのため、伏見には昔から
月桂冠や宝酒造・キンシ正宗などの酒造メーカーの工場があり、
酒蔵の建ち並ぶ街並みは伏見のシンボルの1つにもなっています。


江戸時代、享保19(1734)年に編纂された『山城志』では、
山城の名所として伏見にある7つの名水を紹介しています。

  ・岩井(御香宮神社)
  ・常盤井(常盤町)
  ・白菊井(板橋七軒町、金札神祠の跡)
  ・春日井(江戸町)
  ・苔清水(天神社)
  ・竹中清水(竹中町)
  ・田中清水(清水町)


これら伏見七名水(伏見七つ井)のうち、現存しているものは、
現在、御香水として親しまれている岩井のみで、 ※
ほとんどのものが埋められ、場所すら分からない、
または現状が不明になっています。

11.04.02 伏見名水スタンプラリー 
11.04.02 撮影

その伏見七名水を現在に受け継いでいるものと言えるのが、
毎年春に行われている
「伏見名水スタンプラリー」の11カ所の井戸です。

  ■伏見名水スタンプラリーの11の名水

  ・①藤森神社:不二の水
  ・②清和荘:清和の井
  ・③城南宮:菊水若水
  ・④キンシ正宗:常盤井水
  ・⑤大黒寺:金運清水
  ・⑥御香宮神社:御香水
  ・⑦乃木神社:勝水
  ・⑧鳥せい本店:白菊水
  ・⑨キザクラカッパカントリー:伏水
  ・⑩月桂冠大倉記念館:さかみづ
  ・⑪長建寺:閼伽水

このスタンプラリーは11カ所の名水を巡り、
全てのスタンプを集めると
景品の特製『きき酒用猪口』がもらえるというものです。
(先着1500名)

毎年、猪口のデザインは違うみたいで
今年は大黒寺の金運清水の絵柄の入ったものでした。

今年は3月26日から5月31日の期間で開催されました。

o0640048011176374347.jpg



※その御香水も明治時代に一旦は枯れ、
 その後、昭和57(1982)年に復活したものなので、
 厳密には現存しているものとは言えない。




■参照および引用した資料
・「水が語る京の暮らし -伝説・名水・食の文化-」
 鈴木康久・著 白川書院
・「伏見名水スタンプラリーのパンフレット」
 伏水会・主催

関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2011/11/08(火) 22:24:04|
  2. 水の特集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11.10.15 御香水レポート⑤ | ホーム | 11.07.18 岩本城址の碑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/96-d44cc9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】