おがちぃ散歩

哀愁の南海汐見橋線② 汐見橋駅 05.07.09

A 汐見橋駅 (1)

B 汐見橋駅 (4)

C 汐見橋駅 (6)

D_20111015142535.jpg

E 汐見橋駅 (3)

南海高野線は、大阪の難波駅から
高野山への玄関口である和歌山県伊都郡高野町の極楽橋駅までを結んでいるが、
正式には、この汐見橋駅から極楽橋駅までが高野線である。
高野線の電車は、岸里玉出から難波までは
4~8両編成の電車が南海本線に乗り入れという形になっている。

岸里玉出から汐見橋の間は高野線の1区間ではあるが、
1985年以降は線路が分断されてる。
汐見橋線という名は通称である。
列車は、2両編成の電車が1時間あたり2本と、ローカル線の趣がある。


汐見橋1

汐見橋2
11.12.11 撮影

汐見橋駅は、昭和30年代当時の「南海沿線観光案内図」が
一部剥落しながらも現存しているなど、
高野線の大阪側のターミナルだった頃の名残が所々に見られる。


A 汐見橋駅 (2)
2005年当時の駅前は阪神なんば線の工事が行われていた

汐見橋3
左が阪神なんば線桜川駅、右が南海汐見橋駅/ 11.12.11 撮影
関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2010/07/17(土) 22:04:33|
  2. キヲクトキロク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<哀愁の南海汐見橋線③ 西天下茶屋駅 05.11.13 | ホーム | 哀愁の南海汐見橋線① 岸里玉出駅 05.07.09>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/76-33811ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】