おがちぃ散歩

11.07.09 『山龍寺遺址』の碑

1_20110918054745.jpg

宇治田原町中央公民館の広場前に立つ、
「山龍寺」と呼ばれた寺院があったことを示す石碑。

2_20110918054744.jpg

3_20110918054744.jpg

背面を見ると『昭和三年七月京都三宅安兵衛』と刻まれているのが分かる。

山龍寺遺址


この近くに『双栗寺跡』の碑があるが、
我々がこれより先に見つけたのが双栗寺跡の碑である。
すぐ近くにありながら、
山龍寺遺址の碑も三宅安兵衛によるものと知ったのは、
双栗寺跡の碑に三宅安兵衛の名が刻まれているのを見つけた後だった。

『双栗寺跡』の碑 10.10.11

双栗寺跡の碑を見つけて以後、
やけに目にする三宅安兵衛の名が気になり調べてみた。
すると、宇治田原町以外の場所にも、
多くの三宅安兵衛遺志碑があることが分かった。
その中のひとつに『山龍寺遺址』の碑もあることを知り、
再び訪れた時にその碑の背面を確かめたところ、
三宅安兵衛の名が刻まれていたのである。
灯台もと暗しである。


三宅清治郎編『木の下蔭』(私家版、1932年6月)には、
344基の「建碑箇所」表が付されている。
しかし、それには碑文と思われるものが記されてあるのみで、
精密な所在地が書かれておらず、
さらには記載を省略したものも多数あるらしく
実際には344基以上ある
という。

そして、現在それらの碑の位置を確認することは困難である。

それを聞くとますます奥が深い三宅安兵衛遺志碑。
旅路で石碑との偶然の出会いということもありそうだ。



■参照および引用した資料
・「京の石碑ものがたり」
 伊東宗裕・著 京都新聞社
・「きらめき☆Story」第56話:父子が残した石碑
 KBS京都放送 http://www.kirameki-story.tv/back56.html

■取材協力:十津庵
関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2011/09/18(日) 00:54:03|
  2. 三宅安兵衛 (宇治田原)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<深草・稲荷界隈 史跡探訪「稲荷を歩こう」 10.11.14 | ホーム | 『双栗寺跡』の碑 10.10.11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/60-f6f514c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】