おがちぃ散歩

11.05.02 愛宕山の探索 愛宕駅舎跡2階と屋上

110502_1145 一文字屋跡1
110502_1145

110502_1028 清滝バス停
110502_1028 清滝バス停

京都バスの清滝バス停前で営業されている
一文字屋」が営業されていた茶屋の跡が20丁目にあるが、
20丁目でそれを伝える看板によると、
愛宕ケーブルが開通してからは
愛宕駅の駅舎の2階で飲食業を営まれていたということらしい。

11.05.02 愛宕山の探索 茶屋跡


110502_1642 2階A
110502_1642 

110502_1642 2階B
110502_1642 

110502_1643 2階よりホーム跡と十津庵氏
110502_1643 2階よりホーム跡と十津庵氏を見おろす

110502_1643 屋上へ向かう階段跡
110502_1643 

屋上へ向かう階段があったが朽ちてしまい、
現在は下の土台部分と上の骨組みが残るのみとなっている。
少なくとも20年前まではここから屋上へ行けたらしい。

110502_1652 バルコニーに生えるヒノキの幼木
110502_1652 

110502_1655 屋上へ向かうハシゴ
110502_1655

屋上へ向かう階段の代わりに、
バルコニーへはこのようにハシゴがかけられている。
ハシゴの横にロープでつくられているものは
ハシゴがかけられる以前まで使われていたもの。

ただし、このハシゴは駅舎跡の窓枠を使って作られたものなので
産業遺産の保護の観点から見ると問題があるものである。
(* ´Д`*)

2階までは上ったものの、
さすがに屋上までは...と思っていると、
先にフィンランドから来られた3人がスイスイとハシゴ(窓枠)を登って行かれた。
(^_^;)(^_^!)

はるか異国の地で勇敢な。
(*´ひ`*)

そして、我々は自国民なのになんたる...。
(* ´Д`*)


ちなみに、フィンランドの方は
清滝から愛宕駅跡までずっと
ケーブル跡を登ってここまで来られたらしい。
(´σー`)

でも、「コノ道コワイ。行キタクナイ。」とおっしゃってました。
(*´ひ`*)

ということで、
帰りは通常のルートである参詣登山道を行かれました。


110502_1656 屋上より(黄砂)
110502_1656 屋上より(黄砂)

黄砂が無ければとてもよい景色であるに違いない。
あの島のお返しこんな景色かい。
(゜Д゜)

110502_1656 屋上より
110502_1656 屋上より




愛宕駅跡2階見取り図
愛宕駅跡2階見取り図
関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2011/06/28(火) 01:04:02|
  2. キヲクトキロク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11.07.27 御香水が水質悪化で停止 | ホーム | 11.05.02 愛宕山の探索 愛宕駅舎跡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/47-146900d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】