FC2ブログ

おがちぃ散歩

18.08.11 伏見・大手筋界隈の映画館跡地

01 DSC_0578 01 DSC_0579 A
18.07.15 撮影

01 DSC_0850
18.08.05 撮影

01 DSC_0880 a2
18.08.07 撮影

新町4丁目の大手筋商店街二番街にあったスーパー「マイキッチンスマイル」.

京都府道・大阪府道79号伏見柳谷高槻線(2)【大手筋商店街(府道35号との重複区間)】 12.05.19

運営会社の株式会社辻本が
フレスコを運営するハートフレンドの100%子会社となったことにより,
「フレスコスマイル大手筋店」へと名称が変わり, 8月7日に新装開店となりました.

なお, 株式会社辻本は伏見区深草直違橋2丁目の「スマイル食品館」も運営していて,
こちらは7月31日に「フレスコスマイル藤森店」として新装開店しています.


01 P1130771
近鉄バスの近鉄桃山駅前停留所跡に建つ商業施設の蔵響館Ⅱ. 1階のテナントにはフレスコ桃山店が入っている. :12.11.15 撮影

フレスコスマイル大手筋店の至近距離には既にフレスコ桃山店があります.

大手筋界隈には“大手筋の法則”という言葉があって,
1つ新しい店ができるとその店と同じ業種の店が次々にできるという現象があります.
(例:書店・薬局/ドラッグストア・総菜屋・から揚げ屋・美容院...など)
当然ながら1つの地域に同じ業種の店舗が密集してしまうので
客の獲り合いになり, 潰し合いになり, 最後には淘汰されていきます.

そういう意味で近い距離に2つもフレスコができてしまって大丈夫なのか?と思ってしまうのですが,
駅を基準にするとフレスコスマイル大手筋店は西側にあり, フレスコ桃山店は東側にあり,
営業時間もフレスコ桃山店が24時間営業なのに対し,
フレスコスマイル大手筋店の方は9時から21時45分までの営業なので
棲み分けはできてくるのかな?と思います.



02 DSC_0910 a2

フレスコスマイル大手筋店のある建物は伏見会館という映画館でした.

02 DSC_0899 02 DSC_0900

この伏見会館はかつて伏見区に存在していた6つの映画館のうちの1つで,
唯一建物が現存している映画館でもあります.

 ■名称の変遷
 伏見東映劇場(1957/昭和32)→ 伏見会館(1961/昭和36前後)→ 閉館(2004/平成16) 

1970年代頃まではゴジラシリーズなどの一般的な作品を上映する映画館でしたが,
晩年は成人映画の上映が中心となり,
入り口に上映作品のポスターが貼られていた為, 商店街の人通りも多いこともあり,
立ち止まることが憚られる場所でもありました.

伏見会館の1階には「東映パチンコ」というパチンコ店がありましたが,
閉館時にはすでに「マイキッチンスマイル」となっています.


伏見区にあった映画館の内の4つは大手筋界隈にありました.


03 DSC_0006 03 DSCN5760
伏見大手劇場跡地(伯耆町)
現在は業務スーパーやダイソーの入っているプラザ大手筋(旧西友伏見店)になっている. : 左・17.11.03 / 右・16.06.01 撮影


 ■名称の変遷
 福富座(明治中期)→ 伏見大手座(1895/明治28)→ 伏見日活館(1950/昭和25前後)→ 伏見日活映画劇場(1955/昭和30) 
 → 伏見大手劇場(1957/昭和32前後)→ 閉館(1962/昭和37) 

 俳優の長谷川一夫(1908 - 1984年)の叔父である長谷川宗太郎が経営したことで知られ,
 長谷川一夫は子役としての初舞台を大手座で踏んだ.



04 DSC_0909 04 DSC_0908
伏見劇場跡地(風呂屋町) 現在はコインパーキングになっている

 ■名称の変遷
 「風呂屋町の定席」として芝居小屋・寄席の記録が見られる(明治初期)→ 伏見松竹館(1928/昭和3前後)→ 伏見映画劇場(1940/昭和15前後) 
 → 伏見松竹劇場(1959/昭和34)→ 伏見劇場(1961/昭和36)→ 閉館(1967/昭和42前後) 

 元々は芝居小屋で大正末期に映画館へ転換.
 伏見大手劇場とともに俳優の長谷川一夫の叔父である長谷川宗太郎が経営したことで知られている.



05 DSC_0904

三番街の婦人服店と天輪焼(回転焼き)のお店の間にある路地の奥にあったのが
伏見東劇で, 跡地はマンションになっています.

05 DSC_0902

05 DSC_0903

05 DSC_0907
伏見東劇跡地(東大手町) 月極駐車場の奥にある3階建てのマンションが伏見東劇の跡地

 ■名称の変遷
 伏見大映(1956/昭和31)→ 伏見東映劇場(1967/昭和42前後)→ 伏見東劇(1977/昭和52)→ 閉館(1987/昭和62) 

 元々は新作映画の上映もある映画館だったが,
 晩年は伏見会館とともに成人映画の上映が中心となっていた.





■参照および引用した資料
・フレスコ ホームページ / フレスコスマイル店舗検索
 https://www.super-fresco.co.jp/shop/s_kyoto.php
・フレスコ ホームページ / お知らせ -2018年7月11日
 http://www.super-fresco.co.jp/topics/20180711fresco.html
・「フレスコ、スーパー「スマイル」買収 子会社化、雇用維持」
 2018年07月12日 京都新聞
 https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180712000142
・京都新聞 -みちくさの景色・13
 https://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/michi/michi13.html
・「京都府百年の年表 9 芸能編」
 1971年 京都府立総合資料館 京都府 
・wikipedia:伏見会館
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E4%BC%9A%E9%A4%A8
・wikipedia:伏見東劇
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E6%9D%B1%E5%8A%87
・wikipedia:伏見大手劇場
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E5%A4%A7%E6%89%8B%E5%8A%87%E5%A0%B4
・wikipedia:伏見映画劇場
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E6%98%A0%E7%94%BB%E5%8A%87%E5%A0%B4










関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2018/08/20(月) 18:41:30|
  2. おがちぃ散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18.09.07 伊豆多賀 長浜海岸にて  | ホーム | 18.07.14 宇治田原製茶場のマンホール / 斎田神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/446-3350f25c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】