FC2ブログ

おがちぃ散歩

17.11.01 【JR奈良線複線化工事関連】ホーム屋根撤去中の桃山駅


YouTube:【奈良線 複線化工事】普通城陽行き JR藤森~六地蔵間 前面展望 17.11.01 [3:13]


■4月23日
003 DSC_0018

■5月25日
20 170525 momo
YouTube:【JR奈良線 複線化工事】線路が剥がされた桃山駅2番線 17.05.25 [2:05]

■10月8日
20 171008 momo
YouTube:【複線化工事関連】ホーム屋根解体工事期間前日の桃山駅 / 江戸町跨線道路橋付近にて 17.10.08 [2:13]

■11月1日
00 DSC_0033

ホーム奈良寄りの部分から柱の撤去が開始されています。

工事が始まり柵が設置されてからは2・3番ホームの幅は狭くなり、
工事前は駅の利用者数に対して幅の広いホームだっただけに、
その変化のギャップは大きいです。

新設上屋の柱が設置されてからは柵が内側へ移動したため、
東福寺駅並みの広さにホーム幅が広がっています。

柱が撤去されてからはさらに広くなった印象があります。

それでも幅が狭いことには変わらない為、
3番線を通る列車はホーム進入前に警笛を鳴らすことが多くなっているような気がします。



00 DSC_003400 DSC_0035

柱のあった部分はコンクリートで埋められています。

上屋解体にあたり暫定的に設置された点字パネルがホーム端にあるのに対し、
元々あった点字ブロックを剥がした跡は
柱を避けてホーム中央寄りにあるのが分かります。

桃山駅の旅客上屋は歴史のあるものではありましたが、
柱の位置がホームの端に近い所にあった為に
点字ブロックもそれを避けて設置されていたので、
バリアフリーの面から見た場合は問題があったように思います。

17.10.08 【JR奈良線複線化工事関連】桃山駅2・3番ホーム屋根解体工事前の記録

内方線02
参考:内方線ブロック 京阪伏見桃山駅の例

旅客上屋の柱が撤去されたことにより、
ホーム端の障害物が撤去されて内方線ブロックの設置がしやすくなりました。


00 DSC_0040

00 DSC_0041

00 DSC_0032

00 DSC_0042

00 DSC_0043


00 DSC_0022

00 DSC_0023

00 DSC_0025

00 DSC_0026

00 DSC_0027

00 DSC_0028


00 DSC_0030

00 DSC_0031

木造部分の屋根も解体が開始されました。


00 DSC_0029

00 DSC_0036




■前回の記事
17.10.22 【JR奈良線複線化工事関連】ホーム屋根の撤去が始まった桃山駅
 





関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2017/11/09(木) 19:41:14|
  2. キヲクトキロク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<17.11.19 梅小路新駅 工事進捗状況【JR嵯峨野線 京都~丹波口間】 | ホーム | 17.10.22 【JR奈良線複線化工事関連】ホーム屋根の撤去が始まった桃山駅 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/420-e4862770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】