おがちぃ散歩

永谷宗円生家

090426_02
09.04.26 撮影

100626 tya
10.06.26 撮影

100626 ajisai
10.06.26 撮影

現在我々が飲む緑色をしたお茶は
宇治田原の住人・永谷宗円が八代将軍吉宗(小松菜の名付け親)の治世に
「青製煎茶法」という製法であみださたもの。
それまでのお茶は赤黒く味も粗末な煎じ茶だった。
茶祖・永谷宗円を生んだ永谷家代々の屋敷跡には、
「ほいろ跡」や製茶道具が保存され、休日のみ公開されている。

■宇治田原町各種パンフレットより抜粋

永谷宗円生家の敷地には多くの株の紫陽花が植えられ、
毎年季節になると鮮やかな花が楽しめる。

090614
09.06.14 撮影

090711_05 sat
09.07.11 撮影

100626
10.06.26 撮影

tanuki
10.06.26 撮影
敷地の一角に置かれたこのタヌキの置物は信楽焼で、
40年くらい前のもので、現在のデザインになる前のものらしい

しかし、地元の方によると
この紫陽花も獣害により来年も楽しめるかは分からないらしい。

■2010.6/26 おがのおーがにっくらいふ
http://ameblo.jp/o-garden-and-tawara/entry-10581005284.html
http://ameblo.jp/o-garden-and-tawara/entry-10581030339.html

090426_01
09.04.26 撮影

ほいろ
11.10.10 撮影

ほいろ2
11.10.10 撮影

090426_04 看板
09.04.26 撮影

100626
10.06.26 撮影

090614_02 Sun
09.06.14 撮影




■取材協力:十津庵

関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2010/07/04(日) 11:40:59|
  2. 宇治田原観光紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<茶宗明神社 09.04.26 | ホーム | 仁丹看板と伏見city 【02】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/4-36b527c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】