おがちぃ散歩

15.08.01 国道307号 青谷バイパス

001 DSCN0869 A
青谷橋交差点 国道307号と府道70号上狛城陽線が交差している

9年前より月に数回の頻度で
宇治田原にある友人の十津庵の家がもっている畑に行っていて、
5年前からは拙いながらも十津庵と友人のまるも氏と
3人で野菜をつくっているのですが、
その、ある日の畑の時間に友人のまるも氏から、
国道のバイパスができていて、その横に地層があったという話を聞きました。

まるも氏いわく「地層、まだ見れるけど雨で表面が削れてきてるから見るならお早めに」
ということでした。

帰りにでも見に行けばいいのだけれども、
城陽経由だと遠回りになるので
いつも通りの宇治経由のルートで帰ってしまう。

話を聞いてからこれまで数回畑に行く日はあったのだけど、
とある日に「地層どうなってるかな?」と友人の十津庵に話をするも
「そうやなあ」という程度で
十津庵は地層への興味よりも早く家に帰りたいという意欲の方が勝っていた為、
結局は畑の帰りに地層を見に行っていません。

私自身も山城青谷方面に用事があることが無いので、
何かの用事のついでに寄るという機会が無く、
見に行く場合はまさに地層の為だけに出かけるという感じでした。

で、今回その地層を見に行ったのですが、
話を聞いたのが6月7日のことだったので、
結局、見に行ったのが2ヶ月後ということになってしまいました。


001 DSCN0869 B

JR奈良線の山城多賀駅から青谷橋交差点まで来ました。
交差点から宇治田原方面を見ると、削られた山の斜面が見えます。
早速地層の気配がします。

002 DSCN0815 A

青谷橋交差点の側にあるのが多賀口バス停。
国道307号には近鉄新田辺駅・JR京田辺駅と宇治田原町の間を結ぶ京都京阪バスの路線が通っています。

宇治田原町へは京阪・JR宇治駅からの路線もあり、
伏見方面から向かう私と十津庵は
おおよそ車で宇治からのバス路線に沿ったルートで宇治田原へ向かいますが、
大阪北摂方面から来るまるも氏はこの国道307号を通ってバイクで向かいます。

003 DSCN0817 A

旧道が左側へ分岐します。

005 DSCN0820 A

この辺りは山手にあるので展望が良く、京田辺・八幡・大山崎・高槻方面を見渡すことができます。

橋の下を流れるのは天井川の青谷川で、ここより下流では川が周辺よりも高い位置に流れています。
京都府南部の山城地域はこの他に井手町に流れる玉川など、多くの天井川があります。

14.04.01 玉川の桜 -京都府綴喜郡井手町-

004 DSCN0818 A


006 DSCN0822 A

青谷バイパスの沿道は城陽市の市辺地区と井手町の多賀地区にまたがっていて、
工業団地「京都山城 白坂テクノパーク」の造成工事が行われています。

この開発は2023年度供用予定の新名神高速宇治田原インターチェンジから近いことと、
中央リニア新幹線が奈良市付近を通ることが有力で
新駅からも近くなる可能性が高いことが関係しているらしいです。

007 DSCN0821 A

どうやら、まるも氏の言っていた地層というのは、
この工業団地の造成で山の斜面が削られて見えるようになったもののようです。

008 DSCN0823 A

009 DSCN0826 A

010 DSCN0827 A

この斜めの帯状になっている層はなかなかダイナミックです。

011 DSCN0829 A

012 DSCN0830 A

013 DSCN0832 A

やはり雨で削れてきているので
思ってたような綺麗な縞模様の地層ではありませんでした。
6月の時点で削れてきていたのだから、仕方がないでしょう。

しかしながら、2か月後であっても全体的には遠目で見るとかすかに地層が感じられ、
部分的にはくっきりと地層らしい模様が残っていたので、収穫としては良かった方だと思います。

014 DSCN0831 A
雨水が流れてできたと思われる縦の筋

015 DSCN0833 A
土が剥き出しとなっている斜面が道の新しさを強調している風景

宇治田原と言えば化石が多いことで知られます。
化石と言えば地層の中から見つかるものなので、
この場所で地層が見られることは宇治田原まであと少しということを感じさせる風景でもあります。

ちなみに、化石が多いことにより宇治田原の土壌にはカルシウムなどのミネラル分が多く含まれ、
このミネラル分の多い宇治田原の土壌が茶の木に合っている為、お茶の生産に向いているそうです。

→おがのおーがにっくらいふ(★´ひ`★)ゞ:宇治田原町・茶摘み体験交流会 ② 11.05.08


016 DSCN0834 A

017 DSCN0835 A

工業団地の造成が行われている地区を過ぎると、梅林と茶畑の風景となります。

018 DSCN0837 A

019 DSCN0836 A

020 DSCN0838 A

南京都病院前で再び旧道と合流です。

021 DSCN0840 A

この先3km程で宇治田原町に入ります。

南京都病院前の交差点では、交差点の奥で道路がカーブし、
そのままバイパスへ直進する線形となっていますが、
元々は左の石垣の斜面に沿ってそのまま現在の旧道へと続いていました。

PAP_0915.jpg PAP_0914.jpg
南京都病院前から宇治田原方面へ600m程行くとある石でできた国道の標識 10.07.10 撮影






■畑の方のブログ:おがのおーがにっくらいふ(★´ひ`★)ゞ
http://ameblo.jp/o-garden-and-tawara/

■宇治田原観光紀の記事
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/blog-category-2.html




■取材協力:まるも氏・十津庵


■参照および引用した資料
・一般国道307号青谷バイパスが開通しました/京都府ホームページ
 http://www.pref.kyoto.jp/yamashiro/kensetu/20150403aodani-bp.html
・国道307号「青谷道路」(城陽市)(PDF)/京都府ホームページ
 http://www.pref.kyoto.jp/yamashiro/kensetu/documents/1_h26_r307_aodanibp.pdf
・一般国道307号(青谷道路) 道路整備(PDF)/京都府ホームページ
 http://www.pref.kyoto.jp/yamashiro/kensetu/documents/taro-1_h25r307_aodanibp.pdf
・「「青谷バイパス」開通、国道307号がスムーズに 京都・城陽
 2015年03月22日 京都新聞 
 ...など





関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2015/08/10(月) 20:04:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<15.08.01 国道307号【旧道】 -城陽市南京都病院前~青谷橋交差点- | ホーム | 15.04.29 【JR奈良線複線化】郡山街道踏切の線路用地と前後にある丁字路 【2】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/349-8eeadcdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】