おがちぃ散歩

伏見 下油掛町・電気鉄道事業発祥の地 08.12.06

電気鉄道事業発祥の地 a(1)
13.09.07 撮影

電気鉄道事業発祥の地 (2) 電気鉄道事業発祥の地 (3)
以前は石碑の前に自転車が置かれていることが多かった:08.12.06 撮影

油掛通と竹田街道の交差点の北東にある
老舗和菓子店の伏見駿河屋の前には、
「我国に於ける電気鉄道事業発祥の地」と刻まれた石碑があります。

13.08.04 伏見するがやぷりん (下油掛町・伏見駿河屋本店)
電気鉄道事業発祥の地 (4)
保存されている京都電気鉄道の車両 
上・大宮交通公園:09.01.29 / 中・平安神宮南神苑:11.04.16 / 左下・京都市中京区河原町三条:09.01.29 / 右下・京都市下京区烏丸五条:09.01.29 撮影

日本最初の電気鉄道である
京都電気鉄道伏見線が開業したのは明治28(1895)年2月1日のことで、
ここ下油掛(後の京橋)と七条(現・京都駅前)の間を結んでいました。
この路線は後の大正7(1918)年に
京都市による京都電気鉄道の買収により京都市電伏見線となります。

伏見側の起終点が下油掛だったのは、
江戸時代以来この通り沿いにある
油掛町と魚屋町が伏見の商業地の中心だったからです。
下油掛の停車場は駿河屋の店舗の西隣すぐにありました。

今は1本北側の大手筋が賑わいの中心ですが、
それは大正時代に明治天皇陵がつくられてからのことです。

観月橋
かつて復元された三十石舟が宇治川で屋形船として使われていた:08.12.04 撮影
天ケ瀬ダムの放流 11.05.14 


電気鉄道事業発祥の地 (5)
かつて船着き場があった南浜にかかる京橋。川に浮かぶのは観光舟の十石舟。:11.11.06 撮影

明治28(1895)年2月10日に
京都岡崎公園で第4回内国博覧会が開催されます。

当時は淀川の川船が現役で、
大阪から川蒸気船で南浜に上陸した内国博覧会の見物客を
伏見線経由で会場に運ぶため、
京都電気鉄道は4月1日に七条~南禅寺間の路線の営業も開始します。

明治43(1910)年に京阪電車の大阪天満橋~京都五条間が開通し、
それまで京阪間の輸送を行っていた川船がなくなることになり、
伏見線はそれまでの川船に代わり、
京阪電車との乗り継ぎの利便を図るために
大正3(1914)年に中書島まで延長されます。


電気鉄道事業発祥の地 (6) 電気鉄道事業発祥の地 (7)
左・京阪京津線浜大津~上栄町:09.02.02 / 右・京福電鉄嵐山本線西大路三条~山ノ内間:09.01.23 撮影

現在路面を走る嵐電(京福電鉄嵐山本線)や京津線は
複線の線路が道路の中央に敷かれ、
列車の上り下りと車の上下車線とが一体の流れになっていますが、
伏見線の場合は道路の東側に片寄る形で複線の線路が敷かれていました。

戦後、自動車の利用が盛んになりだすと、
この線路の配置が自動車の往来の妨げとり、
日本初の電気鉄道という名誉ある路線でありながら
他の京都市電の路線よりも先に廃止となっています。

電気鉄道事業発祥の地 (8)
竹田街道を行く市バス81号系統。伏見線の線路は駿河屋の建物のすぐ隣にあった。:08.12.04 撮影

伏見線の廃止は昭和45(1970)年のことで、
その代替路線として市バスの81系号統が運転されるようになります。

81号系統は棒鼻~肥後町の南行きを除けば
伏見線と全く同じ経路を走っています。 

電気鉄道事業発祥の地 (9)




■参照および引用した資料
・「京・伏見学業書 第3巻 伏見の現状と未来」
 聖母女学院短期大学 伏見学研究会・編 清文堂
・「老人が子等に語る 伏見風土記」
 伏見区老人クラブ連合会 山本真嗣・監修
・「歴史散歩26 京都府の歴史散歩 中」
 京都府歴史遺産研究会・編 山川出版社
・「京・伏見 歴史の旅」
 山本眞嗣・著 水野克比古・撮影 山川出版社
・wikipedia:京都電気鉄道
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%89%84%E9%81%93




関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2013/11/18(月) 21:14:04|
  2. キヲクトキロク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<13.08.22/23 伊予国を走る元京都市電2000形 | ホーム | 13.08.04 伏見するがやぷりん (下油掛町・伏見駿河屋本店)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/282-4b15da26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】