おがちぃ散歩

13.09.16 台風18号による宇治川の増水(大雨特別警報解除後)

観月橋南 (1)
12:00頃・京都市伏見区観月橋にて

今年の8月30日に気象庁により、
予想される現象が特に異常で、
重大な災害の起こるおそれが著しく大きい場合に発令される
「特別警報」の運用が開始されましたが、
その運用開始後初となる「大雨特別警報」が
台風18号の接近により京都・滋賀・福井の3府県で発令されました。

この台風により京都市では、
桂川の増水により西京区と右京区にまたがる嵯峨嵐山地域や
伏見区の下鳥羽・久我・羽束師地区など各地で冠水被害がありましたが、
宇治川については堤防の決壊にまでは至らなかったものの、
その寸前の水量を記録し、大災害の一歩手前の状況にありました。

06_20131016113714e18.jpg
参考・通常の水位の宇治川:11.02.03 撮影

観月橋南 (2)
観月橋南 (3)
観月橋南 (4)
観月橋南 (5)

堤防下
参考・宇治川南岸の向島の堤防の下より もし堤防が決壊していたら石垣のところまで冠水しただろうと推測:11.02.25 撮影

観月橋南 (6)

観月橋南 (7)

観月橋南 (8)

ところで、川の水量に目がいきがちですが、
堤防のコンクリート柵の側面をみると、
びっしりと虫が密集していました。
(* ´Д`*)

これらの虫たちは、
もともとは河川敷の草むらに生息していたものと思われ、
川の水位が上がるとともに虫たちも堤防方向へと上がっていき、
最終的に草むらが全て水に浸かってしまい
このような光景が生まれたんだと思います。
そして、これまでも各地で川の増水が起きた時には
こういう光景があったんじゃないかと思います。

→おがのおーがにっくらいふ(★´ひ`★)ゞ:13.09.16 台風18号による宇治川の増水


禅定町 (1)
宇治川派流

05_201310161143599bb.jpg
12.05.10 撮影

禅定町 (2)

禅定町 (3)
禅定町 (5)

一方の宇治川派流は川の水が溢れ、
弾正町・柿木浜町の川沿いの道は冠水していました。

禅定町 (6)

禅定町 (4)

川から酒蔵の街並みを眺めることのできる遊覧船十石舟も
かなりの高さまで上がってきていました。

→水位の比較:11.04.02 伏見名水スタンプラリー ⑪長建寺:閼伽水


03 2
→水位の比較:夕暮れの澱川橋梁 ② 12.01.06

観月橋北 (2)

観月橋北 (1)


YouTube:大雨特別警報解除後の宇治川 13.09.16 12:00頃 京都市伏見区



■関連記事
天ケ瀬ダムの放流 11.05.14 
 この日も川の水量は多かったですが、今回の台風の比にはなりません。










関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2013/09/18(水) 00:44:04|
  2. おがちぃ散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<13.09.29 【台風18号】 国道307号 宇治田原町の片側交互通行箇所 | ホーム | 天ケ瀬ダムの放流 11.05.14 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/271-ce47de7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】