おがちぃ散歩

古御香宮(御香宮御旅所) 11.04.24

古御香宮 (1)a 071207
上・中・2000年 / 下・07.12.07 撮影

墨染から坂を上り大亀谷を経由して
峠を越えて六地蔵まで行く墨染通り(郡山街道)の、
峠を越える少し手前の辺りに古御香宮があります。



古御香宮 (5) a
上・2000年 / 下・11.04.24 撮影

古御香宮 (7)a
上・2000年 / 下・11.04.24 撮影

古御香宮 (9)

古御香宮 (10)
11.04.24 撮影

通りから本殿へは整備された参道ではなく
短いながらも山道を行くような坂を上ります。
御香宮とは名がつくものの街中にある御香宮とは違い、
ひっそりとした雰囲気が気になる場所です。

11.04.02 伏見名水スタンプラリー ⑥御香宮神社:御香水
京都・伏見・御香宮神社 神幸祭 08.10.04 /11.10.09


古御香宮は安土桃山時代に、
豊臣秀吉による伏見城の造営にあたり、
伏見城の北東に位置するこの場所が鬼門にあたる為、
城の守護を目的として御香宮神社をこの地に移転させたものです。

しかし、徳川家康の時代になると御香宮は元の場所に戻され、
秀吉の時代の本殿などは荒廃し、
当時を思わせる遺構は大きな石の大鳥居のみとなっています。
現在の本殿は1998年に解体修理されたものです。

現在は御香宮の御旅所となり、
周辺地域の氏神として信仰されています。


古御香宮 (13)
2000年 撮影

境内の横には大亀谷陵墓参考地があります。

この一帯は桓武天皇陵であるという説もあり、
秀吉による御香宮の移転は
桓武天皇陵の守護を意図したという説もあります。

桓武天皇陵 10.07.08




■参照および引用した資料
・御香宮神社ホームページ
 http://www.kyoto.zaq.ne.jp/gokounomiya/
・「京都・山城 寺院神社大事典」
 平凡社・編 平凡社
・wikipedia:御香宮神社
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E9%A6%99%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE
・シンポジウム 伏見を探る「伏見城築城とその時代」
 2011年10月29日開催 会場・伏見区総合庁舎4階大会議室
 ...など



関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2013/10/02(水) 21:04:04|
  2. おがちぃ散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仏国寺境内の謎の石棺と大亀谷陵墓参考地・古御香宮 11.04.24 | ホーム | 桓武天皇陵 10.07.08>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/263-f377bae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】