おがちぃ散歩

やすらぎの道【宇治田原町・田原川】 10.04.25

やすらぎの道01 (1)
撮影をする十津庵を撮影:09.04.11 撮影

やすらぎの道01 (2)
11.04.10 撮影

やすらぎの道01 (3)
11.04.17 撮影

やすらぎの道01 (4)
09.04.11 撮影

やすらぎの道01 (5)
10.04.25 撮影

やすらぎの道01 (6)
10.04.25 撮影

京都府綴喜郡宇治田原町の田原川沿いは桜並木となっていて、
「やすらぎの道」という遊歩道が整備されています。

やすらぎの道は、
郷之口蛍橋から岩山山下橋にかけて約3.5Kmの道で、
当時の竹下登首相の発案で
1988年から1989年に国の政策事業として実施された
「ふるさと創生事業」の交付金によって整備されました。

やすらぎの道02 (0)
08.04.13 撮影

やすらぎの道02 (1) やすらぎの道02 (2)
左・08.04.13 / 右・09.04.11 撮影

この田原川沿いの桜並木は
茶畑などとともに宇治田原を代表する風景となっていて、
特に桜の季節は町民や観光客の憩いの場となっています。


やすらぎの道02 (4)
11.04.17 撮影

やすらぎの道02 (5)
11.04.17 撮影

2011年は水辺の草が処理をされていて、
草が茂り、緑や菜の花の黄色があった時よりも
やや殺風景な風景となっていました。


やすらぎの道02 (6)
総合文化センター前より:11.04.10 撮影


やすらぎの道03 オオシザクラ (1)
10.04.25 撮影

この写真では、友人の十津庵が桜の匂いを嗅いでいますが、
桜を五感で楽しむ意味の他に、
桜餅の葉にする種類の樹を探しているという意味があります。

やすらぎの道03 オオシザクラ (2)
オオシマザクラ? :10.04.25 撮影

そして、見つけたのがこの樹で、
他の桜の樹に比べて一際いい葉の匂いがしたのでした。

桜餅に使う桜の葉の塩漬けは
オオシマザクラという品種のものを使うそうで、
いい匂いがしたあの桜の樹はオオシマザクラなのかなと思います。

やすらぎの道03 オオシザクラ (3)
10.04.25 撮影

このように、やすらぎの道には
ソメイヨシノばかりでなく八重咲きのものから食用のものまで
様々な桜が見られます。


やすらぎの道04 (1)
11.04.17 撮影

やすらぎの道04 (2)
田原の男前:11.04.17 撮影

大滝から流れる田原川は、
途中龍王滝から流れる符作川と合流し、
宵待橋で瀬田川と合流し、宇治川となります。
そして、宇治・伏見を流れ、
淀・八幡付近で木津川・桂川と合流し今度は淀川と名を変え、
途中十三・塚本などを経由し、大阪湾へ注ぎます。

10.07.25 湯屋谷大滝
龍王滝 08.06.22
11.04.10 川べりでセリを摘む人
京都府道62号宇治木屋線② 宇治橋西詰~宵待橋(府道3号との重複区間) 10.02.18


YouTube:宇治田原観光紀





■取材協力:十津庵

■参照および引用した資料
・宇治田原町ホームページ/商工・観光/観光情報/施設/やすらぎの道
 http://www.town.ujitawara.kyoto.jp/tourist/walk/index.html
・wikipedia:ふるさと創生事業
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%E5%89%B5%E7%94%9F%E4%BA%8B%E6%A5%AD
・「山渓カラー名鑑 日本の樹木」
 林弥栄・編・解説 畔上能力/菱山忠三郎・解説 山と渓谷社


関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2013/03/10(日) 10:14:04|
  2. 宇治田原観光紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BaVato@宇治田原町郷之口 12.04.22 | ホーム | 円山公園の枝垂桜 12.04.10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/239-31d20fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】