おがちぃ散歩

京都府道281号八幡城陽線 ①【広門~上奈良】 10.02.07

R281 八幡A (0)

起点の広門交差点では京都府道735号長尾八幡線と接続します。

R281 八幡A (1)
府道から見る男山

起点から進んでしばらくすると、一面田畑が広がる景色となります

R281 八幡A (2)

R281 八幡A (3)

その田畑の海の中に島のようにあるのが戸津(とうづ)地区です。

R281 八幡A (4)
戸津地区の八幡神社

R281 八幡A (5)

R281 八幡A (6)
11.10.09 撮影

R281 八幡A (7)
石垣の間から咲くベゴニア・センパフローレンス:11.10.09 撮影

ベゴニア・センパフローレンスの咲き終わった後の枯れた花は、
見栄えを良くすることに加え、
病気を防ぐ為にも散らずに残っているものを取り除く必要がありますが、
その枯れた花を取り除く作業を花がら摘みといいます。
ここでは誰でも気軽に花がら摘みを楽しめるようです。


R281 八幡A (8)
国道1号との交点

R281 八幡A (9)

上奈良交差点で22号八幡木津線と合流し、
この先、浜上津屋交差点まで
八幡城陽線と八幡木津線の重複区間となります。


京都府道281号八幡城陽線は、
京都府八幡市の広門交差点を起点に城陽市久津川交差点に至る一般府道です。 

全体的に2車線道路と1.5車線道路が混在する道路ですが、
流れ橋として知られる上津屋橋も府道の区間に含まれていることが特徴で、
上津屋橋が歩行者と自転車専用であるため、
自動車では府道全区間の走行は不可能です。

13.01.02 上津屋橋(木津川流れ橋) ①

そのため、この府道の最怖道区間は上津屋橋なのですが、
台風などで橋が流された時には歩行者や自転車ですら渡れなくなるので、
その怖度は極限に達します。

その他、浜上津屋交差点から上津屋橋西詰までが
軽自動車での進入が推奨される狭路ですが、
流れ橋の流れっぷりに比べれば全然怖度は高くありません。

【②へ続く】


※wikipediaでは起点は八幡軸附近で府道735号長尾八幡線と交差とありますが、
 各種地図を見る限り長尾八幡線と交差しているのは広門交差点で、
 現地では掲載写真にあるように広門交差点に府道の標識があります。



■参照および引用した資料
・wikipedia:京都府道281号八幡城陽線
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E9%81%93281%E5%8F%B7%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%9F%8E%E9%99%BD%E7%B7%9A




関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2013/02/13(水) 20:34:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<戸津道標の碑 11.10.09 | ホーム | 上津屋橋(木津川流れ橋) ② 10.02.07>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/229-91aad60c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】