おがちぃ散歩

13.01.02 上津屋橋(木津川流れ橋) ①

01_20130206113637.jpg
昨年10月の台風17号により流出した上津屋橋 八幡市側より撮影

02_20130206113637.jpg

03_20130206113636.jpg

04_20130206113636.jpg

京都府の八幡市と久御山町の間に架かる木津川の上津屋橋(こうづやばし)は、
京都府道281号八幡城陽線の一部で、歩行者と自転車の専用橋で、
川が増水すると橋桁が浮き上がり流れる構造になっている
流れ橋』として知られています。

橋桁はワイヤーで繋がれてはいるものの、橋脚に固定されていません。
流出の際はワイヤーを手繰り寄せることにより
復旧が容易に行えるようになっています。

橋が流出したのは今回に限ったことではなく、
橋ができた1953(昭和28)年以来、幾度となく流出していますが、
今回の流出は2011年の台風12号による橋桁流出から復旧した
2012年4月27日からわずか5か月程での流出でした。

05_20130206113636.jpg

06 fjt
現在は通行止めになっている

橋の八幡市側には「流れ橋 上津屋橋」と刻まれた石碑が建てられていますが、
これは俳優の藤田まことさんの寄贈によるものです。

上津屋橋の周辺には目立った建造物が無く、
また橋自体も木造で趣があるため、多くの時代劇のロケ地とされました。


j 01
久御山町側より撮影

j 02

j 03

j 04
久御山町側では橋脚の一部がコンクリート製に変えられている。

j 05

上津屋橋が架けられるまでは、
上津屋渡と言われた渡し舟が両岸を結んでいました。

江戸時代、木津川西岸の久世郡上津屋村(現八幡市)と
久世郡佐山村(現久御山町)の間には2隻の渡し舟が往復していました。
これは、上津屋地区には木津川を挟んで東西に耕地があり、
河を渡る手段を必要としていたからです。

一般的に川を挟んだ場所同士はそれぞれ別の共同体となることが多いですが、
上津屋地区は珍しく、木津川を挟んだ東西を合わせて上津屋という村でした。
川の東側を東方(東上津屋)、
西側を里方、浜方(浜上津屋)と分けて呼ばれていました。

明治22(1889)年までは久世郡上津屋村で、
それ以後は里方と浜方は綴喜郡都々城村に、
東方は久世郡久津川村の一部となります。

以後、都々城村は昭和29(1954)年に
周辺町村との合併により綴喜郡八幡町、
昭和52(1977)年には市制移行に伴い八幡市の一部となり、
久津川村は昭和26(1951)年に周辺町村との合併により久世郡城陽町、
昭和47(1972)年には市制移行に伴い城陽市の一部となっています。

現在も、木津川を挟んで
八幡市と城陽市の東西に上津屋という地名の場所があります。


上津屋の津屋とは港、あるいは荷役を行う問屋という意味で、
木津川の浜集落として発達したことに由来します。
明治28(1895)年まで上津屋浜として知られ、
物資の運搬に重要な役割を果たしました。

昭和37(1962)年には中小企業の機械工場などが進出し、
八幡市の工業専用地域に指定されています。


060814_1533 @流れ橋 a
06.08.14 撮影

上津屋橋の全長は356.5m。

日本最長の木造橋は、静岡県島田市の大井川に架けられた
全長897.422mの『蓬莱橋(ほうらいばし)』で、
「世界一の長さを誇る木造歩道橋」としてギネスブックに認定されています。

長さでは蓬莱橋に及びませんが、
増水の度にダイナミックに流出する流れ橋としては
上津屋橋は日本では数少ない存在であり、最長のものだと思います。

ちなみに静岡の蓬莱橋は有料となっていて
大人が100円、小学生以下の子どもが10円、自転車100円の通行料が課されます。

その点、上津屋橋の通行料は無料です!


他にも日本一と称する橋は多々あるようですが、

宮崎県児湯郡西米良村の一ツ瀬川に架かる全長140mの『かりこぼ~ず大橋』は、
橋脚はコンクリートで
自動車が通行可能なアスファルト舗装の2車線道路だったり、

青森県北津軽郡鶴田町の『鶴の舞橋』は全長300mの太鼓橋で、
架かっている場所が
川ではなくため池(廻堰大溜池・通称:津軽富士見湖)の上だったりするので、
みんなそれぞれ構造や条件が異なって、
条件つきで日本一を誇っています。


2008.jpg

2008 (1)
08.08.12 撮影

【②へ続く】



■おーがにっくらいふでの関連記事
12.06.01 みんな大好き淀苗 ① ((d(◎ー◎)b))
12.06.01 みんな大好き淀苗 ② ((d(◎ー◎)b))



■参照および引用した資料
・「続・木津川歴史散歩」
 斎藤幸雄・著 かもがわ出版
・「京都大辞典 府域編」
 淡交社
・「角川日本地名大辞典 26 京都府 上巻」
 角川書店
・wikipedia:上津屋橋
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B4%A5%E5%B1%8B%E6%A9%8B
・wikipedia:蓬莱橋 (静岡県)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%93%AC%E8%8E%B1%E6%A9%8B_(%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C)
・wikipedia:津軽富士見湖
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E8%BB%BD%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%A6%8B%E6%B9%96




関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2013/02/06(水) 21:34:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<上津屋橋(木津川流れ橋) ② 10.02.07 | ホーム | JR東海キハ75形【急行かすが】 05.09.27>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/227-bd166866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】