おがちぃ散歩

廃止間近の頃のなは・あかつき@京都駅 08.01.21

01_20130111183850.jpg
国鉄EF66形電気機関車となは・あかつきの方向幕 08.01.21 撮影

京都駅で引退間近の列車の撮影をする多く鉄道のファン。
それはただ鉄道好きというだけではなく、
年代的に自分の青春時代を列車に重ねあわせているのでしょうか。


02_20130111183850.jpg
この頃の京都駅は7番のりばと8番のりばの線路の間にもう1本の線路があった。現在は撤去されている。:07.12.20 撮影

03_20130111183850.jpg
なはに連結されていた個室寝台車「ソロ」のスハネ25形2100番台 07.12.20 撮影

04_20130111183850.jpg
08.01.21 撮影

JRには国鉄時代からの古い車両が多く残っていて、
傷みが見られる車両も存在しますが、
ここまで酷い車両は未だに見たことがありません。

のりものアルバムシリーズ

僕が小学生の頃の子ども向けの本にも
なは・あかつきなどのブルートレインは乗っていて、
花形的な扱いをされていました。
あの頃の若者が青春時代を謳歌した列車。
子ども向けの本とはいえ、編集者側の思い入れもあったように思います。

そんな本を見て、
いつかはブルートレインで旅行するという夢を描いていた子どもが
大人になって見たものは、
あの頃の夢の姿とはかけ離れた激しく傷んだ車体のブルートレイン。

採算性の問題から、廃車前提の車体を補修することはされないという大人の事情。

せめて夢は夢のままで終わらせて欲しかった。


05_20130111183849.jpg
上・大阪駅にて:07.09.02 撮影 / 下・京都駅にて:08.01.21 撮影

『なは』は新大阪~西鹿児島(現・鹿児島中央)間を、
山陽・鹿児島本線経由で運行していました。
『あかつき』は新大阪~長崎・佐世保間を
山陽・鹿児島・長崎本線・佐世保線経由で運行していました。

末期は九州新幹線の部分開業に伴い、なはが熊本までの運転で、
あかつきは長崎までの運転でした。
両列車は京都~鳥栖駅間で併結運転されていましたが、
2008年3月15日に廃止されました。

あかつきに連結された14系300番台普通車の座席指定席は、
グリーン席並みの1人掛けリクライニングシートが
高速バスと同様に3列配置された〝レガートシート〟でした。





■参照および引用した資料
・wikipedia:なは (列車)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%AF_(%E5%88%97%E8%BB%8A)
・wikipedia:あかつき (列車)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%A4%E3%81%8D_(%E5%88%97%E8%BB%8A)
・のりものアルバム22「JR東海・西日本・四国・九州の列車100点」
 関崇博・監修 講談社



関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2013/01/13(日) 10:44:04|
  2. キヲクトキロク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【国鉄色の183系 ①】こうのとり 11.03.21 | ホーム | 13.01.04 【年末年始の臨時便】急行きたぐに@京都駅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/222-eb1530a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】