おがちぃ散歩

宇治・三室戸寺のハスと紫陽花 07.06.28

1 070628_1154 三室戸 2

ハスの花と元禄17(1704)年建立の三重塔。高さ16m。
元々は兵庫県佐用郡三日月村(現・佐用町)の高蔵寺にあったもので、
明治43(1910)年に三室戸寺に移設されたそうです。

2 070628_1153 3 070628_1155

三室戸寺境内のハスは約100品種あり、
その中には昭和初期に干拓された巨椋池に自生していた品種もあるそうです。

桃山駅と西本願寺三夜荘 11.11.17



4 070628_1145


6_20120626164442.jpg
左:アジサイ 中央:ガクアジサイ 右:アジサイ拡大

アジサイは土壌環境によって色の違いが現れることで知られています。
酸性土壌に咲くものは青色に、
アルカリ性土壌に咲くものは紅色になり、
土壌に含まれる肥料の違いによっても変化するそうです。

アジサイの一般に花といわれている部分は装飾花で、
花びらに見えるものは萼(がく)です。
重なり合った萼の中央部には、
おしべとめしべが退化した両性花と呼ばれる部分があります。

ガクアジサイは、絵画や写真などの額のように
複数の両性花の周りを装飾花が囲んでいますが、
アジサイはこの両性花が全て装飾花に変わったものです。

アジサイは山菜として知られるユキノシタの仲間で、
ユキノシタ科アジサイ属に属する植物です。

11.04.02 伏見名水スタンプラリー ⑤大黒寺:金運清水


ところで、ユナイトというバンドの曲に『ユキノシタ』という曲があります。

曲をつくった人は、
最初は「アジサイ」というタイトルにしようと思ったけれど、
「アジサイ」というタイトルは結構あるので、
アジサイがユキノシタ科ということを知って
「ユキノシタ」にしたという話があったりするらしいです。


ただ、同じ科に属するユキノシタが山菜として食べれるからといっても、
和食店で季節の彩りとして料理に添えてあったアジサイの葉を、
シソと間違えて食べたお客さんが食中毒で救急搬送されたニュースがあるように、
アジサイは有毒植物なので食べることができません。

→おーがにっくらいふ:10.06.26 宇治田原町永谷宗円生家にて .01

でも、シカさんはアジサイの葉を食べても大丈夫みたいです。


9 070628_1226 10 070628_1226

庭園『与楽園』内にある茶店で、
お抹茶と茶団子と紫陽花を模したお菓子をいただきました。
花と宇治を楽しんで来ました。

→おーがにっくらいふ:12.06.01 京阪宇治線「宇治・伏見、水と歴史の、まちめぐり。」


5 070628_1146



■紫陽花のブログ
鎌倉・成就院の紫陽花 11.06.15
永谷宗円生家




■参照
・「ハス250鉢、ほのかにピンク 三室戸寺で咲き始め」
 京都新聞 2012年6月26日
・wiiipedia:三室戸寺
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%AE%A4%E6%88%B8%E5%AF%BA
・「山渓カラー名鑑 日本の樹木」
 林弥栄・編・解説 畔上能力・菱山忠三郎・解説 山と渓谷社




広告【amazon.co.jp】
STARTiNG OVER’SSTARTiNG OVER’S
(2011/11/16)
ユナイト

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

  1. 2012/06/26(火) 21:54:03|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<丹波橋駅 京阪・近鉄連絡線跡 ① | ホーム | 明治神宮御苑 11.06.17>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/142-9bb83403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】