おがちぃ散歩

12.03.20 京阪バス 京都橘大学急行線 ①

京都橘大学急行線

ある日、とある場所を散歩していると、
以前までなかった京阪バスのバス停が出現していました。
w(゜0゜)w

「こんな所に京阪バスのバス停はあったかね?」
(*´ひ`*)



京都橘大学急行線 (2)

京都橘大学急行線 (3)

どうやら、京阪バスに
京都橘大学急行線』という路線が新設されたようです。
(´σー`)

京都橘大学急行線 (1)

この路線が新設される前にも、
国道24号を走る京阪バスの路線があって、
【丹波橋駅東】バス停の近くには【丹波橋通】という名前のバス停がありました。
しかし、いつだったかその路線は廃止され、
桃山で国道24号を走る京阪バスはしばらくはありませんでした。

ちなみに丹波橋駅東バス停の奥には
京都市バスと近鉄バスの【丹波橋】バス停があります。
その奥の交差点を左に行くと京阪の丹波橋駅です。


京都橘大学急行線 (4)


この京都橘大学急行線は、
主に京都橘大学へ通学する学生や通勤する教職員向けの路線のようです。
丹波橋駅東バス停から国道24号を南下し、
御香宮前交差点で東に曲がり桃山御陵へ向かって進み、
途中で【京都橘高校】バス停、JR六地蔵駅前を経由し、
京都橘大学へ向かいます。
平日のみ運行され、土日祝日と学休期の運転はありません。

ただ、土日祝日でも大学の行事によっては臨時便も運行されるようで、
4月1日には京都橘大学発の便が2本運行されました。


京都橘大学急行線 (5)

京都橘大学急行線 (7)
京都橘高校バス停 丹波橋駅東行き時刻表

京都橘大学急行線 (8)
京都橘大学行き時刻表

京都橘大学急行線 (6)
京都橘高校と桃山御陵の最寄りである
京都橘高校バス停は、かつて【乃木神社】バス停が設置されていた場所にある。


この路線で興味深いことは、
桃山御陵参道を経由して運行されていることです。

京阪バスの前身は、
桃山御陵の参拝客の輸送の為に
京阪の伏見桃山駅から桃山御陵下までの路線を運行した
桃山自動車株式会社でした。

京都橘大学急行線は伏見桃山駅を経由しませんが、
それでも京阪バスの創業路線である
伏見桃山駅~桃山御陵下間の半分以上の区間を走っています

この路線の新設前までは、発祥の碑はあっても、
その創業路線だった区間には京阪バスの路線は無いという状態だったので、
感慨深いものがあります。
(´σー`)

11.09.20 京阪バス発祥の地


京都橘大学急行線 (9)
【JR六地蔵】バス停は、京都府道36号大津宇治線(奈良街道)の
イトーヨーカ堂六地蔵店の前にある。京都橘大学行きのみ停車。


京都橘大学急行線 (10)
【JR六地蔵北口】バス停は京都府道7号京都宇治線沿いに。
こちらのバス停の方が信号を渡らずに六地蔵駅へ行ける。丹波橋駅東行きのみ停車。



【②へ続く】



■参照した資料
・「THE 住宅 MAP 伏見区(2)」
 京都吉田地図株式会社 1996年発行
 


関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2012/04/06(金) 21:44:04|
  2. キヲクトキロク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<12.04.03 京阪バス 京都橘大学急行線 ② | ホーム | 223系 直通快速 おおさか東線経由奈良行き 08.03.18>>

コメント

こんにちは、久しぶりにコメントさせて頂きます。
橘大学急行線は、ある意味では山科急行以上に気になる存在です。丹波橋でどうやって引き返しているのかも不思議です。
取り上げられている「京都橘高校」は嘗て日野丹波橋線が通っていた道ですね。
平日の休みが普段月1回程度しかないので、なかなか見に行けませんが、まごまごしている間に「学休期」に入って、運休になってしまうので、早いこと段取りしたいです。
  1. 2012/04/25(水) 23:38:41 |
  2. URL |
  3. 喜撰猿丸 #HdXTMQ3I
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

お久しぶりです。

あの路線は日野丹波橋線というのですね。
そういえば、日野誕生院行きのバスが走っていた記憶があります。

橘大学急行線ですが、
おそらく丹波橋まで行った後は竹田駅まで回送されて
竹田駅から別系統の便として運行されているのではないでしょうか?

最近は朝晩と橘大学急行線のバスに出会う機会が多くなりました。
だいぶ日常に溶け込んできた感じです。
乗客もそこそこいるみたいなので、
出来るだけ長く地元道にバスが走っていて欲しいです。

  1. 2012/05/31(木) 22:37:20 |
  2. URL |
  3. おがまる #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/137-5d78da56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】