おがちぃ散歩

豊臣秀吉公守本尊 弁財天御像 長建寺の碑 10.11.12

1_20111216222256.jpg
11.10.30 撮影

枚方市・京橋・淀屋橋・中之島線方面と、
六地蔵・黄檗・宇治方面へ向かう列車の発着する
京阪電鉄の中書島駅の2・3番線ホームからは、
1964(昭和39)年に伏見城をイメージして建設された
伏見桃山城キャッスルランドの模擬天守が見える。

このキャッスルランドの模擬天守は、
あくまで〝模擬〟であるので、安土桃山~江戸時代に存在した伏見城とは異なり、
場所も伏見城跡とは異なっていて、何より鉄筋コンクリート構造である。
史跡というよりは、
東京タワーや通天閣などのランドマークタワーといったものに近い。

1964年と言えば、同じく現代における京のランドマークタワーとして有名な
京都タワーが開業した年でもある。



2_20111216222256.jpg

一方、改札を出て駅前まで来てみると、
そこに『豊臣秀吉公守本尊 弁財天御像 長建寺』と刻まれた石碑が建てられている。
右側面には桃山御陵乃木神社までの距離が案内されている。

11.04.02 伏見名水スタンプラリー ⑪長建寺:閼伽水
11.04.02 伏見名水スタンプラリー ⑦乃木神社:勝水

3_20111216222256.jpg

4_20111216222256.jpg

その裏面を見てみると、
昭和三年秋稟京都三宅安兵衛遺志建之』と刻まれている。

5_20111216222256.jpg

正面から見て左側面には、
坂本龍馬襲撃事件があったことで知られる寺田屋と、
薩摩藩ゆかりの寺としても有名で、
西郷隆盛が建立した寺田屋事変九烈士の墓碑がある大黒寺と、
幕末、明治維新に関係する名所までの距離が案内されている。

平成の今、坂本龍馬や幕末、明治維新に関わることがブームとなっている。
しかし、昭和の初期において既に、
それらは三宅安兵衛遺志碑の守備範囲となっていたのである。
三宅父子は、ブームを先取りしていたのである。

11.04.02 伏見名水スタンプラリー ⑤大黒寺:金運清水


石碑があるのは北改札前だが、
友人の十津庵との間では、ここで待ち合わせする時には
安兵衛遺志碑への敬意を込め「中書島の安兵衛口に集合で」と言っている。

関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2011/12/13(火) 23:44:03|
  2. 三宅安兵衛 (伏見)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弁財天長建寺の碑 11.04.02 | ホーム | 11.09.24 京阪橋本駅前 湯澤山茶久蓮寺の碑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/121-632c9f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】