おがちぃ散歩

高尾弘法大師参詣道 ② 11.05.08

高尾弘法大師参詣道 ① 08.07.26

以前発見した高尾弘法大師参詣道。
前回は、ちょっとの寄り道にはあまりにも無理がありそうな雰囲気だったので、
ちゃんと時間のとれる日に再び訪れようということになり、探索は諦めたが、
今回機会があり、探索することができた。

その道はまさに登山そのものであった。

7_20111209144017.jpg
110508_1659

8_20111209144017.jpg
110508_1701

9_20111209144016.jpg
110508_1702

長年利用されてこなかったのか、やはり廃道の雰囲気が漂う。

a_20111209144016.jpg
110508_1703

道の途中で宵待橋を見おろす。

b_20111209144016.jpg
110508_1705

c_20111209144137.jpg
110508_1705

d_20111209144136.jpg
110508_1706

高尾弘法大師参詣道2カ所目の橋。

e_20111209144136.jpg
110508_1706

かつては川が流れていたと思われる。
この場所なら、むしろ滝と言った方がいいのかも知れない。

f_20111209144136.jpg
110508_1706

g_20111209144136.jpg
110508_1707

木々の向こう側に見える京都府道62号宇治木屋線。

h_20111209144232.jpg
110508_1714

途中に山椒の木を発見し、山菜摘みを楽しむ十津庵氏。
日本料理に用いられる野菜であっても、
その多くの原産地が外国である中、山椒は数少ない日本原産の山菜である。
日本原産の野菜には、他にフキやミョウガ、セリ、ミツバなどがある。

山椒の葉は、焼き物や煮物など料理の彩りや香りづけに用いられ、
また吸いものにも浮かべられる。
タケノコとの相性がよく、木の芽和えとして調理される。

11
110508_1712

12
110508_1720

13
110508_1719

今でこそこのような険しい道だが、所々に石垣があり、
かつては整備された地域の交通路であったことが想像できる。
関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2011/12/05(月) 22:54:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<高尾弘法大師参詣道 ③ 11.05.08 | ホーム | 高尾弘法大師参詣道 ① 08.07.26>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/109-4103f65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】