おがちぃ散歩

京都府道62号宇治木屋線①

GRL_0002.jpg
09.04.11 天ヶ瀬森林公園より撮影

宇治橋西詰から宇治川と田原川沿いを通り宇治田原に向かい、
更に宇治田原から山を越えて和束へ行く道。
宇治川沿いは府道3号大津南郷宇治線と、
宇治田原郷之口では国道307号線との重複区間となっている。
主要地方道に指定されているがそれは名ばかりで、
実際は国道重複区間以南は1車線で
車の行き違いが困難な区間と急勾配が連続している腐道・酷道である。

府道3号との重複区間は、
1926(大正15)年に開通した
瀬田川~宇治川沿いの渓谷を通る観光コース「宇治川ライン」の一部で、
かつて毎日新聞社主催「日本観光地百選」の
河川の部で第一位だった場所でもある。
天ケ瀬ダムの建設により、現在では姿を消したが、
かつて宇治川上流は烏帽子岩や不動岩、
千来岩、屏風岩などの奇岩名石が続く名勝であった。 

現在も川沿いの風景にはその頃の名残を感じることができる。



※平成22(2010)年10月2日~11月21日開催の宇治市歴史資料館の特別展
「走れおとぎ電車 昭和30年代の街と暮らし」の展示資料より。



関連記事
スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2011/12/05(月) 22:14:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<京都府道62号宇治木屋線② 宇治橋西詰~宵待橋(府道3号との重複区間) 10.02.18 | ホーム | 11.07.09 京阪宇治交通発祥の地>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogardenandtawara.blog133.fc2.com/tb.php/105-e7d76ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



広告【楽天市場】