おがちぃ散歩

12.09.22 京都府道243号木幡停車場線

1
府道7号京都線との交点 10.01.18 撮影

2_20121118092110.jpg
踏切改良工事も完成に近づいてきた頃。
踏切の幅が広がり、車のすれ違いも容易に、
歩行者の通行の安全性も高まりました。12.09.22 撮影

12.09.11 JR木幡駅・近年の今昔

3_20121118092110.jpg
木幡駅跨線橋から見た工事中の踏切。
踏切の幅はまだ狭く、
車の離合も困難で歩行者の通行も危険が伴っていました。12.02.03 撮影

4_20121118092109.jpg

5_20121118092109.jpg
工事序盤の踏切前。府道7号から踏切前までは既に道幅は広げられ、
改良工事に対応できるようになっていました。12.02.03 撮影

6_20121118092141.jpg
12.02.03 撮影

7_20121118092141.jpg
ほぼ完成の踏切。車道も歩行者用スペースも十分な広さが生まれました。12.09.22 撮影


8_20121118092141.jpg

9_20121118092141.jpg
踏切を渡り左折し、JR木幡駅の前までが府道243号木幡停車場線:12.03.21 撮影

JR木幡駅北側の木幡踏切は距離が短いながらも府道で、
京都府道243号木幡停車場線の一部です。
府道243号は、JR木幡駅前を起点に
府道7号京都宇治線との交点である木幡東中交差点に至る一般府道となっています。


10_20121118092141.jpg
10.08.05 撮影

JR木幡の駅前の京都アニメーション本社。
ここから多くの作品が世に送り出されています。

今やアニメは日本を代表する産業でもあり、
沿道の主要施設として京都アニメーション本社を挙げてみました。




■参照および引用した資料
・wikipedia:京都府道243号木幡停車場線
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E9%81%93243%E5%8F%B7%E6%9C%A8%E5%B9%A1%E5%81%9C%E8%BB%8A%E5%A0%B4%E7%B7%9A


スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2012/11/21(水) 21:04:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

12.09.11 JR木幡駅・近年の今昔

JR木幡駅


YouTube:10.08.05 みやこ路快速通過@木幡 / Japanese local station.

JR木幡駅 2
12.09.11 撮影

何気なく携帯電話で撮影した木幡駅でのみやこ路快速の通過シーンが、
昔の光景を記録した動画となりました。

踏切

かつての木幡駅は桃山駅と同様に2面3線の駅でしたが、
奈良線が部分複線化された2001年3月のダイヤ改正後、
旧2番線が撤去され旧3番線が新2番線となりました。

その名残で駅北側の木幡踏切は長くなっていて、
踏切が長いことにより、
遮断機が下りた際、踏切内に取り残される車や歩行者が多く、
それが原因で列車の遅延が発生する事例が多発していた為、
踏切を短縮する工事が行われました。

その際に2番線の線路を移設する必要が生じ、
1番線と2番線が隣り合う配置に変更されました。


JR木幡駅 (3)
08.04.15 撮影

自動車の運転では踏切を横断する際、
遮断機が下りた時に踏切内に取り残される事を防ぐ為、
前方の車が踏切を渡り切り、
自分の車が進んだ時に踏切内に取り残されないことが確認できるまでは、
踏切手前で停止しているのがルールで、教習所でもそう習うものです。

これは改良以前の木幡踏切でも守るべきルールなのだったのですが、
旧2番線の線路は撤去されたものの
線路跡のスペースは残されていた木幡踏切の場合、
もともと長い踏切に線路が無いスペースが出来たため、
踏切内ではあっても線路上では無いので
ここで停まっても大丈夫という判断からか
車や人が溜まってしまう事が多くなっていたように思います。

しかしながら線路は引かれていなくても踏切内ではあるので、
踏切内に車や人が侵入しているということで
安全確認の必要が生じ、電車が遅延する原因となっていました。


JR木幡駅 4

JR木幡駅 5

JR木幡駅 6
12.02.03 撮影

ただ単純に2番線の線路を
もともと線路のあった1番線の隣に移設するにしても、
線路と線路の間隔が狭くなるので、
十分な線路の間隔をとる為に2番線のホームを削る工事も行われました。

全部103
桃山駅(参考) / 09.11.21 撮影

スペースとしては旧線跡にそのまま線路を敷設しても問題はないのですが、
木幡駅の1番線は快速電車が割と高速で通過していくので、
安全のためにはやはり十分な列車の間隔が必要なんだろうと思います。

ちなみに桃山駅の前後では大きなカーブにより
時速35kmで走行するよう制限がされていますが、
その速度制限の理由は線路同士の間隔や
線路とホームの間隔にもあるようにも思います。

JR木幡駅 7
ありし日の旧2番線 12.02.03 撮影

JR木幡駅 (8)
線路撤去後 12.09.24 撮影


JR木幡駅 9 JR木幡駅 10
12.03.21 撮影

木幡駅の北側で堂ノ川と交差する地点には勝手踏切があります。
立ち入らないように注意書きの看板があるものの、
完全に柵がされている訳ではなく、通行が黙認されているのが現状です。

その為、列車が接近している時に人の立ち入りが確認された場合、
安全確認の為列車は停止し、列車が遅延するケースが多発しています。

JR木幡駅 11
12.03.21 撮影

こういう場所は現在複線化された区間にも多々ありましたが、
複線化の際に柵が設置されたので無くなりました。

今年の1月26日に、奈良線の
JR藤森~宇治間、新田~城陽間、山城多賀~玉水間の3区間の複線化について、
JR西日本と京都府が合意したことが報じられましたが、
この光景も複線されれば見られなくなる可能性があります。


JR木幡駅 12
12.03.21 撮影

木幡駅の駅舎は明治時代のものが今も使われています。

JR木幡駅 (13) JR木幡駅 (14)
左 かつてあった円筒型のポスト:08.04.15 / 右:12.03.21 撮影


また、木幡踏切の工事では、踏切の幅の拡張も行われ、
踏切内での車のすれ違いや歩行者の安全の問題が解決されました。




広告【Google AdSense】
  1. 2012/11/21(水) 20:54:04|
  2. キヲクトキロク
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

建藤神社 09.12.12

1_20121121222336.jpg

2_20121121222335.jpg

建藤神社は宇治田原町の禅定寺に程近い
府道783号宇治田原大石東線沿いにあります。

禅定寺の碑 11.07.09
京都府道783号宇治田原大石東線 ① 岩山~猿丸神社 10.11.13

月に1本のバスなので宇治田原町からは案内されていませんが、
上手バス停が最寄です。

京阪宇治バス 99系統猿丸神社行き 10.11.13

平成22年の秋から毎年開催されている
宇治田原いいとこ探検スタンプラリーでは、
平成23年の前期にスタンプ設置場所として初登場し、
今年の後期もスタンプ設置場所となっています。
(今年の後期の開催期間は9月1日~11月30日。終了まであとわずか!)

→おがのおーがにっくらいふ:11.01.04 謹賀新年 ① (宇治田原いいとこ探検スタンプラリー 2010)


本殿、拝殿等が京都府登録文化財に指定されている建藤神社は、
禅定寺地区の氏神で、かつては上社と下社に分かれていて、
現在の神社は上社の場所にあります。

祭神は天児屋根命(あめのこやねのみこと)。

現在の社殿は江戸時代中期のものと見られ、
下社の創建は天延3(975)年とされ、
「禅定寺文書」には弘安2(1279)年に藤原兼重が願主となり
上、下両建藤神社を造営したと記されているそうです。


091212 (3) 091212 (1)

十津庵氏が気になったという「建藤神社」と刻まれた石碑。
明治41(1908)年に建てられたようです。

→おがのおーがにっくらいふ:十津庵のナニコレキニナ~ル

091212 (2)

この石碑には「稲荷神社宮司 正六位 大貫眞浦 敬書」とあります。

これは、伏見稲荷大社の宮司だった大貫眞浦氏による書という事を示し、
三宮神社に続き、伏見にまつわるものを宇治田原で発見したことになります。

三宮神社(宇治田原) 09.11.28 


091212 (4)

3_20121121222335.jpg

宇治田原の秋の風物詩「柿屋」と建藤神社の鳥居。

→おがのおーがにっくらいふ:11.11.12 宇治田原の秋の風物詩 柿屋




■参照および引用した資料
・宇治田原町ホームページ/商工・観光/観光情報/文化財・史跡/建藤神社
 http://www.town.ujitawara.kyoto.jp/tourist/walk/index.html
・wikipedia:天児屋命
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%85%90%E5%B1%8B%E5%91%BD


■取材協力:十津庵






広告【Google AdSense】
  1. 2012/11/21(水) 20:44:04|
  2. 宇治田原観光紀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ


広告【楽天市場】