おがちぃ散歩

ある日の無人駅 09.09.05

JRの桃山駅の前を通りすがると、やけに人が多い。
近くで何かイベントがあったのか?
しかし、ここらはそんな催しが開かれる場所でもない。

これは、近鉄が止まっているとしか考えられない。
そうじゃないと、わざわざ本数の少ないJR奈良線の、
繁華街から離れたこの駅を利用しようとはしないはずだ。


1ある日の無人駅
警官も駆けつける騒ぎ。
通常は、終電後でも改札奥には照明がつけられているが、
停電により真っ暗になっている。@近鉄桃山御陵前駅


近鉄の桃山御陵前駅に行ってみると、
思ったより大変な事になっている事は容易に想像できた。
駅の電気がついていないのだ。
ただの遅延や運休で駅の照明を落とすとは考えられない。
いつもの桃山御陵前駅は、終電後でも改札のある1階の明かりはついているからだ。
停電が発生したのだろうか?

2ある日の無人駅 (1)
終電後でもないのに真っ暗な駅。
いつもならタクシーが列が作っているが、
1台だけを残し振替客にほとんど拾われた模様。@近鉄桃山御陵前駅


さらに、普段なら駅前にできているタクシーの列が今はない。
相当の数の利用者があったのだろうか?


3ある日の無人駅

4こんな混雑を桃山駅で見た事がない。きっと昭和(戦前)以来。
こんな混雑を桃山駅で見た事がない。きっと昭和(戦前)以来。

5JR奈良線の潜在集客力
JR奈良線の潜在集客力

夜間は無人駅であるJR桃山駅には、
無人駅らしからぬ数の利用客でいっぱいになっていた。
桃山駅は朝のラッシュの時間帯でもこんなに人は多くない。

桃山駅は早朝夜間は駅員が配置されておらず、それに加え券売機は1台。
さらにはバリアフリーが完全でなく、奈良方面ホームへは階段のみ。
京都駅や宇治駅から桃山駅に係員が来る事はなかった。
JR奈良線の本数の少なさで京都駅から満員の乗客を乗せた電車は、
桃山駅で乗客の積み残しが発生した模様。

    5日午後8時5分頃、京都府宇治市小倉町の焼き肉店から出火。
    木造2階建て店舗を全焼し、隣接の食材店を焼いた。
    同市消防本部などによると、店内には客ら約50人は避難して無事。
    現場は近鉄京都線沿いで、踏切の信号機への送電線が焼けたため、
    同線は午後8時15分頃から終電まで
    京都―新田辺間で上下線とも運行を見合わせた。 ※


普段は近鉄利用なので、初めて桃山駅を使った、
または桃山駅の存在自体を初めて知った人もいただろう。
今回の件で、近鉄や京阪に比べて駅が不便である事と、
奈良線の本数の少なさで
JRに対して悪い印象を持った人も多かったのではないだろうか。

6京都駅でも近鉄からの乗客が流れているので、かなりの混雑
京都駅でも近鉄からの乗客が流れているので、かなりの混雑

今回の件は、近鉄京都線の代替ルートとしてのJR奈良線の整備や、
JRにおける伏見区の中心駅としての
桃山駅の整備の必要性を浮き彫りにしたと思う。


駅ネコ 駅ネコ (1)

駅ネコ (2) 駅ネコ (3)

夜間にはケモノの利用も見られる
夜間にはケモノの駅利用も見られる:09.01.09 撮影

GRP_0077.jpg
08.01.16 撮影



※記事からの引用
 「宇治の近鉄沿線で火災、電車ストップ」
 2009年9月6日 読売新聞 より

スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2012/01/28(土) 00:04:04|
  2. 妄想で電車を走らすブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃山駅と西本願寺三夜荘 11.11.17

三夜荘1
11.03.28 撮影

JRの桃山駅は、バリアフリーが不完全な点や、早朝夜間が無人駅な点など、
近鉄・京阪と比べてないがしろにされている感はあるが、
このないがしろにされるというのもこの駅の宿命であるようにも思える。

桃山駅の優位性 11.12.02 

なぜなら、そもそもJR奈良線の前身である奈良鉄道が建設される際、
桃山駅の設置自体が計画外だったのである。


P1060398.jpg
京都市下京区・西本願寺:11.11.19 撮影

桃山駅ができるきっかけのひとつが、
当時の西本願寺の大谷光尊法主の強い要望と主張によるものだった。


三夜荘2 2

三夜荘3 2
西本願寺三夜荘跡

桃山江戸町の近くの高台に、
かつて西本願寺の三夜荘という別荘があった。

伏見七名水を尋ねて① 『春日井』 11.04.14

三夜荘4 2

現在も高台にあるこの場所からの夜景は素晴らしいが、
現在はニュータウンや農地となっている向島一帯とその周辺は
かつては巨椋池という池であり、
水面に映る月がとても美しく、豊臣秀吉もこの地で月見の宴を催したという。
この景色の素晴らしさから、『日本の香港』とも呼ばれたらしい。

当時の西本願寺の法主であった大谷光尊も、ここからの風景を愛した。


明治28年頃、奈良鉄道の一期工事が行われていた。
大谷光尊法主は大手筋近くに駅がつくられることを期待したが、
一向に駅の工事が行われる様子はなかった。

法主が当時の堀内村村長を通じて奈良鉄道に問い合わせてみたところ、
「大手筋付近に駅をつくる価値はない」という回答で、
「駅を希望するなら全額寄付せよ」とのことだった。

駅の設置に関して奈良鉄道から寄付が求められた。
当時、駅をつくるのに必要な金額は1500円で、
伏見町、堀内村、大谷光尊法主がそれぞれ500円ずつ寄付した。

地方自治体や地元住民、周辺企業などの要望により開設された駅を請願駅といい、
請願駅には、宅地開発に伴い請願され京阪電鉄全額負担でつくられた、
JR学研都市線の松井山手駅や、湖西線の小野駅などがある。
桃山駅はそれらの駅よりもはるかに古い請願駅である。


その後、駅は建設され、
「寄付でできた駅であるので、駅名は地元で決めて欲しい」ということになった。
地元は地元の村名をとって「堀内」を希望したが、
大谷光尊法主が強く「桃山」を主張したので
「桃山」という名称の駅ができることとなった。


ツバキ

三夜荘5
11.03.28 撮影




■参照および引用した資料
・「老人が子等に語る伏見風土記」
 伏見区老人クラブ連合会・著 山本真嗣・監修 伏見区老人クラブ連合会
・「THE 住宅 MAP 伏見区(2)」
 京都吉田地図株式会社 1996年発行





広告【Google AdSense】
  1. 2012/01/27(金) 00:04:03|
  2. キヲクトキロク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃山駅の優位性 11.12.02 

1_20120127162414.jpg

昨年末、桃山駅の周辺の店舗や民家に
桃山駅のバイアフリー化を求めるチラシが貼られていた。


YouTube:ある日の桃山駅

桃山駅構内全景
09.05.24 撮影

桃山では地元有志による
桃山駅バイアフリー化を求める署名活動が行われている。


この署名活動で求められている事項は、

  ・エレベーターの設置
  ・階段への屋根の設置
  ・2番線ホームへの転落防止柵の設置
  ・トイレの改善
             の4点。

3_20120127162414.jpg
通過列車に注意:11.06.30 撮影

2009年の1日あたりの桃山駅の利用者数は1781人。(降車客含まず) ※
12月2日の時点では、
1日あたりの利用者数を上回る6200名分の署名が集まっているそうだ。

   車椅子では利用しづらい。
   雨の日の階段は滑りやすい。
   早朝と夜間は駅員が不在となる。

4_20120127162414.jpg
近鉄桃山御陵前駅:12.01.06 撮影

5_20120127162413.jpg
京阪伏見桃山駅:11.11.27 撮影

桃山駅はJRにおける伏見区の中心駅でありながら、
周辺にありバリアフリー化された近鉄桃山御陵前駅・京阪伏見桃山駅よりも
列車本数や駅設備の面で大きく劣っている。

ちなみに同じ大手筋沿いにあり、
互いに至近距離にある近鉄桃山御陵前駅と比べた場合、
列車本数や利用者数の点はもちろん、
エスカレーターが無いことや係員が不在の時間があることで大きく劣るが、
京都駅へ向かう場合の所要時間(近鉄の急行乗車と比べても)には大差がなく
近鉄桃山御陵前から京都までの運賃が250円なのに対し、
JR桃山からは190円である。
ちなみに、近鉄丹波橋から京都までの運賃は200円である。

6_20120127162426.jpg
桃山駅の桜と駐輪場:11.02.27 撮影

さらには、伏見桃山駅周辺の駐輪場の利用には料金が発生するのに対し、
桃山駅前の駐輪場は無料で利用できる。

このように、桃山駅には一定の優位性がある


しかし、列車本数や駅設備の面では、
伏見区の駅として見ると桃山駅に対する不公平感は否めないが、
近鉄と京阪が伏見“市”の駅であり、
桃山駅は紀伊郡堀内“村”の駅である
ことを考えると、
何故か納得してしまう。

仁丹看板と伏見city 01
仁丹看板と伏見city 02
仁丹看板と伏見city 03

桃山駅時刻表 京都方面 75 桃山駅時刻表 奈良方面 75


※wikipedia:桃山駅より
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%83%E5%B1%B1%E9%A7%85




広告【Google AdSense】
  1. 2012/01/26(木) 00:24:04|
  2. キヲクトキロク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4



広告【楽天市場】