おがちぃ散歩

京都府道241号向島宇治線 ①


YouTube:12.09.23 京都府道241号向島宇治線

京都府道241号向島宇治線は、
京都市伏見区の観月橋南詰から宇治市の宇治橋を結ぶ
宇治川の堤防上を走る府道である。

観月橋から外環状線(京都府道7号京都宇治線)を経由せず、
六地蔵・木幡・黄檗あたりの渋滞を回避できるルートであり、
伏見から宇治、および宇治田原へ車で向かう際の最短ルートとして使われる。
そのことから宇治川バイパスと呼ばれることもある。

宇治市内の道は広く、
アスファルトの状態も良く、2車線が確保されているのに対し、
政令指定都市であるにも関わらず、
京都市内の道は狭く車の離合が困難な箇所が多数あり、
アスファルトの状態もやや悪い。
その道路整備状況の差は、
隠元橋交差点の付近の市の境界を過ぎる辺りで顕著に表れる。

しかし、奈良県十津川村の国道168号線に比べたら、
この宇治川バイパスははるかに走りやすい道である。



起点24号交点
08.11.25 撮影

京都市伏見区向島にある241号線の起点
京都と奈良・和歌山を結ぶ国道24号線と交差している

続きを読む(全文表示)

スポンサーサイト



広告【Google AdSense】
  1. 2011/01/27(木) 22:37:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

腐道紀 ~FU DO KI~


腐道紀のテーマ music by Zuccini Laboratory
YouTube:Dive & Rising 【ZucciniLABO Original tune】

淀水垂交点
10.02.07 京都府道123号水垂上桂線起点、淀水垂交点で撮影

京都府道と聞くと、
京都府によって整備された幹線道路のような印象を受ける。

091011_0958.jpg
09.10.11 京都府道782号・滋賀県道781号醍醐大津線、醍醐寺付近にて撮影

しかし、その実態は全ての府道が片側1車線以上の道幅の広い道路ではなく、
道幅が狭く対向車との離合が困難な区間が連続する道路も存在し、
中には歩行でさえも困難な険しい道も存在する。

国道の場合、このような道路を
“走るには「酷な道」”という意味で『酷道』と揶揄されるが、
府道の場合はこれを
“走るのが「怖い道」”という意味で『怖道』、
または「腐った道」という意味で『腐道』と揶揄される。

   ■参照:wikipedia
   ・酷道 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B7%E9%81%93
   ・都道府県道 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E9%81%93%E5%BA%9C%E7%9C%8C%E9%81%93


自動車を運転することのみで考えた場合、
そのような道が府道に指定されていることに疑問を抱いてしまいがちである。

京町
10.02.04 京都府道・滋賀県道35号大津淀線、京都市伏見区にて撮影

しかし、実際にそれらの府道を行くと
味わい深い魅力を感じることが多い。
その魅力をさらに探求していくと、
その道が持つ歴史的な側面を発見し、
府道を利便性のみで語れないことに気づく。
単純にそれらを『腐道』などとは言い難い。

府道には、
時空を超えたイマジネーションを掻き立てられる輝きが満ち溢れている。






広告【Google AdSense】
  1. 2011/01/27(木) 22:26:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0



広告【楽天市場】